2023.03.20コラム
地盤調査からその土地の多くの情報がわかる

地盤調査はこれから建物を建設する予定がある場合やその土地がどのような地盤なのかを確認したい場合、地質学調査を目的としている場合に行われることが多い調査です。

では、具体的に地盤調査を行うことでどのようなことがわかるのかというと、たとえば、

・その土地がどのような地盤や土質で構成されているのか
・もともと自然の状態でその地盤であったのか
・山の斜面を削っていたり盛り土を入れていたり埋め立てているなど人工的に形成した土地であるのか
・その土地の強度はどれくらいあるのか
・その土地の地下水位の確認
・その土地に液状化のリスクがあるかどうか

などをその土地の条件にあった調査方法で地盤の状態を確認します。

なぜ建設前に地盤調査を行うことが重要なのかというと、住宅や建物を建てる場合、その建物や構造物には重量がかかります。その重量に耐えられる地盤でないと家が傾いたり、破損するリスクが高くなります。

事前に地盤調査を行いその結果に応じて地盤改良や対応した基礎工事を行うことによってその土地の活用方法を考えたり、安全に生活することができるのです。

岡山県高梁市を中心としたエリアでの地盤調査や解体工事、造成工事などを行う業者をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから